Michiko
Okano
Architects



ご依頼をお考えの方へ photo
■ご相談について
・ご相談・お問合せはお気軽にコンタクトフォームにてご連絡ください。その後改めて対面でのお打ち合わせをさせて頂きます。
・住宅から店舗、ホテル等、様々な用途の新築、リノベーション等の設計を幅広くお引き受けしています。


■設計監理料について(新築の場合)
総工費3000万円未満:工事金額の15%+消費税
総工費3000万円台:工事金額の14%+消費税
総工費4000万円台:工事金額の13%+消費税
総工費5000万円以上:別途ご相談させていただきます。
上記は目安になります。最終的な金額はご相談の上決定します。
隔地の場合、交通費を別途頂く場合があります。
リノベーションについては、条件により異なりますので、ご相談の上決定いたします。


■竣工までの流れについて

1.ご相談 ご希望の規模・予算・建物の使われ方などメールフォームにてご連絡ください。ご連絡を頂いた後、直接お会いしてお話をお伺いします。その際、可能であれば敷地や物件の資料をお持ちください。
※ご相談の時点でご要望がまとまっていなくても構いません。

2.基本計画 計画内容に対するご要望を聞き、プレゼンテーションを行います。法令調査及び敷地調査を行います。

3.設計監理契約 基本計画が合意となれば、設計・監理契約を結びます。この段階で着手金として設計料の1/3程度をご請求させていただきます。

4.基本設計 基本計画を元にお打合せを行いながら、建築の概要を決定していきます。基本設計図、模型、パース等の作成をし、プランの検討、素材の選定・設備・構造の検討をします。
※お打合せについて
通常、初回のご相談の後、1ヶ月に1〜2回程度、設計に関してのお打合せをさせて頂いております。 その間にも、設計に関してご要望がありましたら、都度メール等でご連絡をいただき設計に反映させご提案をするなど、十分にコミュニケーションを取りながら設計の密度を上げていきます。

5.実施設計 仕上げ材や機器の仕様、家具の使い方に至るまで細かな部分の検討・お打合せを行います。それに基づき詳細な図面を作成します。

6.見積・確認申請 施工する工務店にご希望がなければ、2-3社程度の施工会社に見積りを依頼します。見積りが適正な金額であるかのチェック・調整作業を行います。 一度見積金額を共有させて頂き、必要であれば減額案を作成、金額調整を行います。工事金額確定後に確認申請をします。
この段階で中間金として設計監理料の1/3を請求させていただきます。

7.建設業者の決定 建主様と建設業者との間で工事請負契約を結びます。

8.工事着手・現場監理 工事の着工後、設計図書の通り施工がされているかを確認する現場監理を行います。工事で構造に関わる段階では、構造の専門家と共に検査を行います。

9.竣工検査(1) 先に提出された建築確認申請書通り、建物がつくられたかどうか、確認申請を提出した各自治体または検査機構が検査します。この検査が行われ「完了検査済証」が発行されるまで建物は使用できません。

10.竣工検査(2)
引渡し
建主様の代理者として、また設計者として「設計図書」どおり建物がつくられたか「設計図」をもとに検査します。この時、不適切な場所があれば施工業者に手直しを指示します。その後引渡しを行います。
この段階で設計監理料の残額を請求させていただきます。

back