activities


2018.6
漁村まちづくりプロジェクト
生活・暮らしのヒアリングワークショップ

芝浦工業大学 建築学部 プロジェクトデザイン研究室
+三重大学 生物資源学部

場所:三重県尾鷲市須賀利町

 三重県尾鷲市須賀利は尾鷲湾から枝分かれした深い湾入の奥にあり、風波から守られる位置と地形のおかげで江戸時代に風待ち港として栄えた漁村である。 地形に沿ってひしめき合う家々の屋根と入組んだ路地の風景は絶景として知られ、離島同然の僻地であることから、独自の文化とコミュニティが残されている。
 しかし現在では、人口227人(2015年国勢調査)高齢化率80%以上(65歳以上)の、人口減・過疎化が深刻な問題となっており、近い将来消滅が予想されていた。
 そんな中、近年東京で居酒屋を経営する企業が定置網漁を始めたことにより漁業が新たな復活をとげ、町民の食の知恵が引き出されるなど今までにない交流が生まれ、町の存続の兆しが見えてきた。
 今後、全国的な人口減、高齢化が進み、都市に住む私たちも同様に、須賀利で起こっている問題に直面することが予想される。 エネルギー・空き家・交通・仕事など、幾つもの問題を先行して抱える地域でこそ見えるこれからの新しいまち、暮らしと建築を構想する。
 2018年6月に三重大学生物資源学部と合同で、須賀利町の住民の生活・暮らしの聞き取りワークショップを行った。

芝浦工業大学 建築学科 プロジェクトデザイン研究室 facebook

photo photo photo photo photo


2017. 8
国内プロジェクトa

芝浦工業大学 建築学部 プロジェクトデザイン研究室
+熊本県立大学 環境共生学部

場所:益城町テクノ仮設団地本格型みんなの家

 熊本地震から1年以上がたち、窮屈な仮設団地に長期間住む人々が、集まって気軽に話せ、心の安らげる場が今後ますます必要とされている。 仮設で暮らす人々や、半壊の住戸で寝泊まりする人々の、今の生活を少しでも良くするために私たちにできることはないだろうか。
 被災地の現状を理解し、屋外の交流スペース及び住戸内の空間利用方法を、現地大学と協力しながら住民や自治会にヒアリング調査後、提案・製作し、発表した。 仮設団地の住民と話し合いながら提案をしていくプロセスを通じて、学生は建築家として必要なコミュニケーション能力、現場における臨機応変な対応などを身につける。
 この活動を毎年継続して行うことで、住民の方の将来の生活を見据えての長期にわたる継続的なサポートを行う。


photo photo photo photo


2017. 4
益城町テクノみんなの家桜祭2017

クラインダイサムアーキテクツ+岡野道子

場所:益城町テクノ仮設団地本格型みんなの家
主催:NPO法人HOME-FOR-ALL

 団地の自治体のイベントとHome for Allのイベントが同時開催された。 2016年12月にカール・ツァイス株式会社の寄付の元、みんなの家に植樹した桜の開花を祝った。 様々なイベントを通じて、みんなの家の地元への周知と地元の方の交流を生んだ。
 桜餅が振舞われたほか、入居者と記念撮影を行う”PHOTOHOKU(フォトウホク)“が催された。 世界的なトークイベント”PechaKucha“では、入居者のプレゼンターも登壇。仮設団地での生活を工夫し、楽しんでいる様子がプレゼンされた。


photo photo


2016. 12
益城町テクノ仮設団地
家具つくりワークショップ

芝浦工業大学+熊本県立大学

場所:益城町テクノ仮設団地本格型みんなの家

 九州を中心とする大学の学生らが組織したKASEI(九州建築学生仮設住宅環境改善)のメンバーである熊本県立大学の学生らと、家具や花壇、サインの設計、製作を行った。 日頃から仮設住戸への訪問を繰り返し情報共有をしながら、つくるものを定め作り方を検討し、設計を行った。
 また、建築主体の施工をした棟梁や大工とも一致団結して協力しながら製作をおこない、住民の方々ともワークショップをおこなった。
 みんなで様々なものをつくるプロセスを経て、住民・自治体・施工者との相互理解を深め、交流を生み出すきっかけとなった。

みんなでつくる「みんなの家」づくり(益城町テクノ仮設団地)-熊本県HP

photo
みんなの家完成イベントにて
 photo
ワークショップの様子
 photo photo



2015. 8
「森の小さな家をつくろう」
東日本大震災で被災した小学校の子供たちと森の家をつくるワークショップ

伊東豊雄+安東陽子+岡野道子

場所:宮城学院女子大学
主催:宮城学院女子大学

photo photo photo



back